会社設立

EMZ総合会計事務所(東京都港区/世田谷区)|会社設立

  1. EMZ総合会計事務所 >
  2. 会社設立に関する記事一覧 >
  3. 会社設立

会社設立

会社設立にあたり、まず考えるのは会社の種類です。

会社には、「株式会社」・「合同会社」・「合名会社」・「合資会社」の4種類が存在します。

一般的に会社を設立する際は「株式会社」か「合同会社」のどちらかが選ばれます。
なぜなら、現在日本に存在する会社の内、ほとんどの企業がこの「株式会社」か「合同会社」で企業経営をしているため、社会的な信用度が高いからです。
そのため、銀行からの融資が受けやすく、会社運営の資金をより多く得られるため「株式会社」か「合同会社」が選ばれるのです。

また、株式会社と合同会社は「有限責任」である一方、合名会社と合資会社は「無限責任」となるため、起業の際には選ばれないことが多いです。

「有限責任」とは、会社が倒産したときなどに、会社の債権者に対して出資額を限度として、責任を負うということを意味します。
つまり、会社が倒産した際に、出資者(例:株主)は出資した分の金銭(例:株式)は消滅しますが、それ以上の損失に対する責任は一切ないということです。

一方、「無限責任」とは、会社が倒産したときなどに、会社の債権者に対して負債総額の全額を支払う責任を負うことを指します。
つまり、会社がすべての債権を払いきれない場合は、無限責任を負う者は個人の財産をもち出してでも弁済する必要があるということです。

こうした違いが、会社の種類によって存在しており、会社設立の際には確認しておく必要があります。

そして、実際に設立する会社の種類を決定した後に、必要な手続きをとっていくことになります。

起業する会社の種類によっては掛かってくる税金の額も大きく異なります。
また、起業した後も、会社運営において税務は重要な問題です。
そのため、会社設立の段階から税理士に相談しておくことで、設立後の複雑な税務問題を簡単に解決することができます。

EMZ総合会計事務所は港区や世田谷区などを中心とした都内や千葉市を中心とした千葉県において、皆様の問題解決に尽力いたしております。
会社設立でお困りの際は、お気軽に当事務所にご相談ください。
設立後の税務も承っております。

EMZ総合会計事務所が提供する基礎知識

  • 外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)

    外国子会社...

    国際的に事業を展開している企業の中には、タックスヘイブンと呼ばれる...

  • 海外移住を利用した税金対策

    海外移住を...

    海外移住を利用することによって、税金がかからないようにする、もしく...

  • 海外税制調査

    海外税制調査

    事業を国際展開させていく場合、注意しなければならないのは、展開先と...

  • アメリカで会社設立・起業をするには

    アメリカで...

    アメリカで起業することを考えている方もいらっしゃるのではないでしょ...

  • 家族への引き継ぎ

    家族への引き継ぎ

    親族の者に事業を承継することを親族内承継と言います。 親族内承継の...

  • 不動産

    不動産

    資産運用における手段の一つとして、不動産投資というものが存在します...

  • 国際税務顧問

    国際税務顧問

    国際税務とは、二ヵ国以上の国が関与した取引が行われる際に係る税務の...

  • 遺言の基礎知識

    遺言の基礎知識

    遺言とは、端的に表現すると、「生前の意思を尊重し、死後にその意思を...

  • 海外送金や海外預金する際の税金

    海外送金や...

    国内での財産は国内の税法によって課税されることになりますが、海外へ...

EMZ総合会計事務所の主な対応地域

EMZ総合会計事務所では東京都港区・世田谷区・千葉県千葉市をはじめとし全国からのご相談を対応しております。
また、国内だけではなく香港、中国、シンガポール、マレーシアをはじめとするアジア地域のご相談も対応しております。お気軽にご連絡ください。

ページトップへ